バラの黒点病(黒星病)の説明

黒点病
発生時期:春から秋
発生箇所:株の下の方の葉に出やすい。病気の越冬もあり新芽で発症することも。
症状  :淡褐色または黒褐色の斑点が葉の表面に表れる。やがて黄変して落葉する。

ぴーねこあせり

黒星病はどうしても出てしまうのにゃー…難しいのにゃ…

うりゃ笑う

黒点病は蔓延させなければ大丈夫!しっかり対処していきましょう!

バラの黒点病(黒星病)対策の現状報告

0.7-1[1]早めの対策、徹底除菌で功を奏した方が多くおられます。
多少は出たが例年ほどではないとおっしゃる方も多数おられました。


0.1-2[1]蔓延時期に隙を突かれたり、暴風後の葉っぱの痛みから止まらなかったとの報告があります。
マルチング材の使い方にも問題がある方がおられました。
また、調子を崩した株は蔓延させてしまうケースが多くなっています。

黒点病は育てる環境も大きく影響しますので、まだまだこれからの課題はあります。
感染を早めに見抜いて、まずはしっかり対処して蔓延を防ぎましょう。

随時、報告していきます。

バラの黒点病対策

黒点病はとにかく複合技で対策していきます。
多くの方が化学農薬を使っても止めきれない現状がありますので、しっかりコツを掴んで無理なく黒点病に立ち向かっていきましょう。
いろいろな角度から対策していくのが黒点病です。中途半端になって効果が出なくなることにないようにします。

うりゃポイント

複合技であることが大きなポイントです。ここが大きな違いとなります。

黒点病が厄介なところ

黒点病が止めにくい原因は、黒点病が持つ特性によるモノです。

蔓延時期の猛攻撃

11.3-5[1]
うどんこ、ベト、灰色カビの菌は胞子を出して、その胞子が葉っぱなどを傷つけて侵入してきます。
一方、黒点病菌は葉っぱの気孔や傷などから侵入してきます。
黒点病菌は葉っぱの裏から侵入してきますよね。
台風などで暴風が吹いて葉っぱが傷ついた後も多く入ってきます。
皆さんは雨による土の跳ね返りで感染する話は聞いたことがあると思います。
黒点病菌は土の中にも水の中にも存在するのです。
この濡れた土や水滴自体に存在しますから、それが葉っぱに付着すると次々と侵入されてしまうわけです。
これにより、とても防除しにくいのです。

うりゃポイント

雨や強風の後にはピキャットしましょう!

体力が落ちたときに蔓延時期を迎える

11.3-6[1]

うどんこ病と黒点病の蔓延時期が違う

うどんこ病は春先から晩秋まで、新芽や蕾に多く発生します。
しかし、うどんこ病が蔓延する時期は栄養生長中が多く、とても健康で勢いのある時期です!
ですから、ピキャットクリア散布で除菌してやれば後はバラがしっかり自分をガードできます。
黒点病は5月中旬頃からもっとも活性が上がり、夏は一旦勢いを潜め、秋、少し気温が落ち着いてきた頃に再燃します。
バラは花を咲かせる生殖生長中、もしくはそれが終わって体力を失っている時期…
しかも、元気で勢いのある新芽の葉っぱではなく古く機能低下した葉っぱから侵入してきます。
まさにバラの弱みにつけ込んで襲ってくるわけです。

ぴーねこ怒る

弱みにつけ込むとは卑怯なのにゃー!

黒点病の発見が遅れる理由

黒点病は感染してから葉っぱに黒い点を出すまでは数日かかります。
よって、黒い点が出たときには時すでに遅し…すでに感染は進んでいるのです。
バラもしっかり自分の身を守りにいきます。
葉っぱの付け根の弁を閉じて、黒点菌が枝に入り込まないように阻止しようとします。
この結果、黒い点の出た葉っぱは黄変して落葉しようとします。
黒点病に悩んでおられる方は、この症状が出てから慌てます。時すでに遅しなのですが…

うりゃポイント

黒点病が出やすい時期は、雨後と強風後のピキャットが欠かせません!

枝の中にも病原菌は生きている

11.3-8[1]
「新たに芽吹いた葉っぱにいきなり黒点が…どうして?」
この経験をされた方は多いと思います。
春先のまだ気温が低い時期なのにこうなることもありますよね。
この原因は明白です。枝の中で黒点病菌が生きていたからです!冬でも仮死状態で生き残ることが多々あります。
ですから、芽吹いたらすぐに葉っぱに黒点菌が存在していて黒い点が出てきます。
つまり、黒点菌は生き残っているのです!

ぴーねこ泣く

昨シーズンに蔓延させたオイラが悪いのにゃー…

黒点病が出やすい条件

黒点病が出やすい環境は、ズバリ土がむき出しになっている場所です。
これはご理解いただいていると思います。
では、それ以外で出やすい条件を出してみましょう。

赤土よりも黒土のほうが出やすい

乾きにくく保水率の高い黒土は黒点病菌が増殖しやすくなっています。

風上に黒点病にかかりやすいバラ科の植物がある場合

距離が遠くても暴風などで土や雨がそこから飛んできます。

黒点病にかかりやすいバラ

品種によってかなりの差があります。特に黒点病にかかりやすいつるバラは風上に植えないこと!

株元に陽が当たりにくい

陽が当たりにくいと表面近くに菌が居着きやすくなります。

掃除していない庭

落ち葉や抜いた草にも菌が多く居着きます。

春遅くまで咲かせた場合

咲かせれば咲かせるほど体力は落ち、多くでバランスを崩しています。

肥料過多で育てた春後

春に一気に大きくなり後はウンともスンとも言わなくなって黒点の餌食に…

株が弱々しい、肥料切れ

弱った株はまず黒点病の餌食になります。
その他、まだまだありますよね!

ぴーねこ笑う

少しずつしっかり改善していくのにゃ!

黒点病(黒星病)に打ち勝とう!

黒点病に悩んでいる方は、以下をしっかり考えていきましょう!

基本をしっかり守っていく

・感染の危険がある時期は前もってしっかり除菌していく
・少しでも有利になるようにバラを強く育てる
・むき出しの土はとにかく隠す
・黒点病が出にくい環境や条件を作る
・症状が出ても慌てずに対処していく

ぴーねこ笑う

基本は大事なのにゃ!

毎年出るのだから、今年も出ると考える!

うどんこ病などと違い、症状が出てからでは遅いのが黒点病です。
前もっての除菌をしていくことを心がけましょう。
毎年黒点病が出ているなら、5月中旬からピキャットクリアを定期的に散布していきましょう。
これは秋も同じです。 9月中旬頃からはピキャットクリアの定期散布はやってください。
何もせずに待っていても必ず黒点病は出てきます。

ぴーねこ笑う

起きてからやるのではなくて、起こる前に攻めるのにゃー!

雨や暴風の後はピキャットクリア

感染の可能性が高いときにいち早くピキャットクリアを使っていくのは効果絶大!
それは、雨の後と強風の後です。
農薬を使っていても、雨の後や強風の後は農薬散布します。
農薬と違って残効性の無いピキャットクリアならなおさらですよね!
しかも、ピキャットクリアなら耐性の心配はありませんから何度撒いてもOK!
感染しやすい状況では必ず使っていきましょう!

ぴーねこ笑う

ここが黒点病対策の一番のポイントなのにゃ!

施肥コントロールでバラを強く育てよう!

黒点病はバラが弱っているときや疲れているときに一気に蔓延しやすくなります。
ですから、バラを強く育てること、しっかりケアしていくことで蔓延を防ぐことができます。

ぴーねこ笑う

窒素過多、窒素不足、カルシウム不足に気を付けるのにゃ!

肥料過多にしない

まず、肥料過多にしないこと、肥料は効果的に効かせることを心がけましょう!
蔓延時期にバラが元気であれば強い抵抗力を持っています。

ピキャットCaでバラを強くする

カルシウム補給でピキャットCaの常用はバラを強く育てることができます。
花後にケアしていくことは黒点病予防にも繋がります。

バラの配置を考える

感染を少しでも防ぐためには、黒点病が出やすい品種は風上に置かない、植えないことを考えてください。
黒点病が蔓延する時期はどの方向から強い風が吹きやすいかは皆さんが一番知っていると思います。
鉢植えなら、並べ方を変えただけでも蔓延を防げます。

ぴーねこ笑う

バラ選びやガーデンデザインの時は考えるのにゃ!

枝への侵入を阻止する

新しく芽吹いた葉っぱがすぐに黒点病になる…これを防ぐためには、ほったらかしにしないことです。
バラは自身で黒点菌の侵入を防ぐために葉っぱの弁を自ら閉じますが…
蔓延させてしまえば枝に入り込んでしまいます。そうならないように、もし蔓延してしまっても消毒は続けましょう!
そして、冬場にも居着きの菌を除菌しておきます。
冬はほぼ死滅するのですが、まれに生き残って新芽に悪さをしてきます。
そうならないように、冬場はピキャットクリアで月2回ぐらい100ppmで消毒してあげま しょう!

ぴーねこ笑う

蔓延させちゃっても次のシーズンに向けてピキャットを続けるのにゃ!

活力の無い枝はいち早く整理する

これはナシ農家さんやリンゴ農家さんがやっている手法です。
バラでも効果絶大なのでやってみてくださいね!
古くて動きが悪い枝、色が悪くて活気の無い枝の葉っぱは真っ先に黒点病にやられてしまいます。
ですから、冬の剪定のときに切ってしまっておきます。 生育中も伸びてきたら、細すぎる枝、勢いのない枝は切ります。
そうすることで未然に防ぐことができますよね!

ぴーねこ笑う

これはプロの技なのにゃ!

蔓延しても諦めない

春の花後に丸坊主…秋は開花間近に黒い点だらけ…よくあることです。
しかし、ここであきらめて放置してしまうと次シーズンにも影響が出てしまいます。
しっかりケアしてあげて、次のシーズンに向かいましょう!
特に、夏場に丸坊主になっても秋には花を咲かせられます。
バラは葉っぱを失っても体内に栄養を蓄積していますから、その栄養で新たな芽を吹こうとします。
ですから、決してあきらめずにケアすることを大事にしてくださいね!

ぴーねこ笑う

黒点病が蔓延したぐらいでバラは枯れないのにゃ!薔薇は強いのにゃー!

黒点菌にも天敵がいます

黒点病菌にも天敵がいます。そのひとつが放線菌ですが、これは有名ですよね!
このためにも、良い土であることが大事です。
根が健全であることも、バラを健康に育てて抵抗力を得るには大事ですよね!
黒点病対策と聞くと病原菌に対してばかり目が行きますが、実は普段の育て方がとても大事!
ただ、キトサン与えたら黒点病が出なくなるなどという短絡的な考えではダメですよ。

ぴーねこあせり

キトサンをタップリ与えているのに黒点病が止まらないのにゃー…

うりゃ怒る

そんな簡単なことではないよ!黒点病は複合技だ!

マルチングが絶大な効果!

雨による土の跳ね返りで、土に居着いている黒点菌が葉っぱに飛びついてしまう現象…
黒点病感染の大きな要因のひとつですよね。
これに対策を打てるのが「マルチング術」です。これをしっかり習得してください。
まず、マルチングはクリプトマルチを使います。
鉢植えなら鉢の土の上に、地植えなら地面全体にクリプトマルチを3~5cm敷き詰めます。
このクリプトマルチ、目が粗いけどしっかりした繊維質です。
バラの呼吸を妨げること無く、過湿にすることなく、土を覆い隠してくれます。
土を覆い隠して雨による土の跳ね返りを物理的に防ぎます。
そして、ここからがマルチング術で大事なところです!
このマルチングしているものに対してピキャットクリア100pmを使って除菌しておきます。
ピキャットした後に木酢液200倍を噴霧しておくと除菌効果は持続します。

ぴーねこ笑う

庭に敷き詰めたら黒点病が出なくなったのにゃー!

うりゃポイント

これが一番の方法だけど、庭一面というわけにはいかないので植え込み場所は花壇にするなどして対処していきましょう!

病葉も感染源になります

黒い点が葉っぱに出てしまったら、その葉っぱは取ってしまうことで他への広がりを防ぎます。
ありがたいことに、黒点菌は機能低下した葉っぱから感染していきます。
よほど蔓延させない限り、新しい機能充実した葉っぱまでは感染していきません。
機能低下した葉っぱですから気軽に取ってしまいましょう。
「でも、黒点病に感染した葉っぱを取っちゃうと丸坊主なんですが…」
なってしまった場合は仕方ないので、ここはバラを休息期に持って行きましょう。

ぴーねこ笑う

こまめな手入れがモノをいうのにゃー!


うりゃポイント

いかがでしたか?黒点病対策は、実はこんなにもたくさんあります。全部こなすというより、少しずつやっていって黒点病を減らしていきましょう!